立派なバイク査定
立派なバイク査定
ホーム > M字ハゲ > 若ハゲではないかと気づきどこに行くべきか悩んだら

若ハゲではないかと気づきどこに行くべきか悩んだら

自分が若はげではないかと気がついたとき、クリニックで治療ができるということがわかっても実際にどのクリニックへ行くべきなのか悩む人は多いでしょう。一般のクリニックへ行くことを考えている人の場合は、まず診療科で迷うことでしょう。若はげに限らず、脱毛症や頭皮の炎症などは全て皮膚科で診療します。皮膚科の中に発毛外来がある場合もありますが、なくても普通の皮膚科でプロペシアなどの処方をしてもらえます。

簡単な問診をした後で3か月に1度くらいのペースで通院しその都度、薬を処方してもらうような形がほとんどです。若はげの治療にはもう1つのクリニックがあります。それがAGA専門クリニックです。一般の皮膚科と違うのは、初診時に頭部の撮影を行い、その後、定期的に撮影していきます。こうすることによって症状の改善が客観的に見られるので便利です。その後は専門医による触診や視診で実際に目で見て触れて頭皮の状態を診察します。

さらに血液検査で今後、使うと思われる治療薬が体に合うかどうかのチェックと遺伝子診断をして、男性ホルモンの影響度を確認します。このように一般のクリニックではしない細かい検査を初診の時点でやってしまいます。そして1ヶ月分の内用薬と外用薬の処方を行い、薬が無くなる頃にまた定期的に健診を受けて、しばらく通院することになります。若はげ治療は早いうちに発見して治療するのが最も望ましく、プロペシアの効果がどんどん出やすくなりますから相談してみましょう。

M字はげの治療をする